MESSAGE
代表あいさつ

浅井保統

人が全てを創造する

~ものづくりへの情熱、町工場から世界へ発信~

当社は昭和22年(1947年)の創業以来、自動車関連の小物プレス部品加工に特化し、量産メーカーとして事業を展開して参りました。大企業では採算の合い難い仕事や困りごとを積極的に受けることが当社の強みであり、品質と効率を両立させて生産するために、知恵と工夫の創造を繰り返してきました。そして、その積み重ねによりお客様の信頼を勝ち取って参りました。
当社は図面をお客様から提示頂き、金型製作、プレス加工、スポット溶接加工、表面処理までの一貫生産を行っております。特に量産分野であるプレス加工とスポット溶接加工においては、常時500~600点に及ぶ多品種かつ、大半が月産10,000個以下の少量品を生産しております。多品種少量生産が当社の一つの特色でもあります。
多品種少量生産であるが故に人に頼る設備や工程が多いのも特徴です。『人が全てを創造する』、社員一人一人のものづくりへの情熱から生産された製品が自動車産業を支え、世界中のユーザーの元で使われております。私たちの作った製品が一つでも無いと自動車は走らない、そんな気概を持って日々の業務に取り組んでおります。
“ものづくり”は日本の基幹産業であり、これからもそうあり続けるでしょう。特に小物プレス部品加工の分野は、益々存在価値を増すと確信しております。中小企業を取り巻く環境や社会情勢、お客様のニーズは日々刻々と変化をしておりますが、それらに柔軟に対応しつつ愚直に技術を磨き、誠実なものづくりで製品価値を高め、お客様の期待に応えたいと考えております。

お客様に喜ばれる、社員が幸福を感じられる、社会に必要とされる、そんな企業を目指します。

代表取締役 浅井保統